2018年度 CGCハードエンデューロ選手権レギュレーション


CGCハードエンデューロ選手権について

CGCハードエンデューロ選手権は、選手権が指定するハードエンデューロ競技として開催されるレースに於いて、ライダーが順位に応じたポイントを獲得しその合計点を競い年間のランキングを決定するものです。

クラス分けについて

(1) おひなさまクラス(女性ライダー向けのクラス)
(2) さわやかクラス(ハードED初・中級ライダー向けのクラス)
(3) ゲロゲロクラス(ハードED中・上級ライダー向けのクラス)

の3クラスで開催します。
複数のクラスでポイントを獲得した場合、それぞれのポイントが有効となります。
(2)と(3)はコース設定が異なり、(3)のコース難易度が高くなる様に設定します。
(1)は原則として(2)と同等、もしくは若干難易度を下げたコース設定とします。
なお、G-NETとの棲み分けを図るためコース設定はG-NET戦よりも難易度を下げる事を原則とします。

出場車両について

出場車両についてはオフロード走行に適した車両であれば車種は問いません。

ポイントの獲得について

各レースにおいて周回チェックを受ける、もしくはチェックポイントを通過して順位の確定した20位までのライダーがポイントを獲得出来ます。

順位によるポイントは以下のとおりとなります。

1位 25ポイント 11位 10ポイント
2位 22ポイント 12位 9ポイント
3位 20ポイント 13位 8ポイント
4位 18ポイント 14位 7ポイント
5位 16ポイント 15位 6ポイント
6位 15ポイント 16位 5ポイント
7位 14ポイント 17位 4ポイント
8位 13ポイント 18位 3ポイント
9位 12ポイント 19位 2ポイント
10位 11ポイント 20位 1ポイント

2018年度の日程について

第1戦 3/3-4 ひなまつりハードエンデューロ in スラムパーク(愛知県瀬戸市)
第2戦 6/2-3 斑尾ハードエンデューロ(長野県飯山市)
第3戦 10/28 信州大町ハードエンデューロ(長野県大町市)

の3戦を予定しています。

年間ランキングについて

年間ランキングは各レースの獲得ポイントの合計で決定します。
なお、同ポイントのライダーが複数いる場合は

(1) 出場したレースのいずれかで最高順位の高いライダー
(2) 最終戦の順位の高いライダー

(1)、(2)の優先順でランキングを決定します。

表彰について

年間の最終戦(信州大町ハードエンデューロ)にてレース後に年間表彰を行ないます。

その他

記載の無い懸案事項が発生した場合は都度協議し対応します。

—–
PDFダウンロード [ CGCregulation2018.pdf(347kb) ]